主な脱毛の種類と仕組み|フラッシュ・レーザー各種

一口に脱毛といっても、施術方法には種類があり仕組みも異なります。

 

脱毛施術

 

効率よく脱毛するには自分のムダ毛の毛質や肌質にあった施術を受けるのが一番ですから、まずは脱毛の種類を知っておく必要があります。

 

ここでは、主な脱毛の種類と仕組みについてご説明します。

 

医療用レーザー脱毛

 

医療用レーザー脱毛は、美容外科や脱毛クリニックなどで受けられる脱毛法です。

 

メラニン色素に反応する波長を持つレーザーを照射します。

 

レーザーがムダ毛に反応すると、メラニン色素に吸収されて高熱が発生し、この熱が毛根組織まで伝わります。

 

高熱によって大きなダメージを受けた毛根組織は破壊されるので、発毛機能が失われることで脱毛効果が得られます。

 

現時点では、永久脱毛効果が認められている唯一の脱毛方法です。

 

フラッシュ脱毛

 

フラッシュ脱毛は、エステサロンや脱毛サロンなど医療機関ではない施設で主流となっている脱毛法です。

 

お店によって光脱毛やIPL脱毛など呼び方が異なりますが、フラッシュ脱毛はその総称となります。

 

フラッシュ脱毛でも光を照射して熱を発生させ、毛根組織にダメージを与えて脱毛を行うので、仕組みは医療用レーザー脱毛と同じです。

 

ただし医療用よりも出力が弱いため、毛根組織へのダメージも少ないことから永久脱毛の効果は認められていません。

 

その代わり痛みが少ない、肌に優しいなどの特長があり、気軽に受けられる脱毛として人気があります。

 

バルジ領域脱毛

 

新しい脱毛として取り入れるお店が増えているのが、バルジ領域脱毛です。

 

この脱毛でも光やレーザーを使いますが、ダメージを与えるのは毛根組織よりも皮膚に近い「毛包」です。

 

毛包の周りには発毛指令を出す細胞があるため、この部分に熱でダメージを与えることで発毛機能を低下させて脱毛を行います。

 

バルジ領域脱毛はメラニン色素に作用する仕組みではないので、毛周期や毛質に関係なく施術が出来る注目の脱毛法です。

 

他にも、美容電気脱毛やブラジリアンワックス脱毛など脱毛の方法はいろいろあります。

 

それぞれに得意とするムダ毛の太さや濃さや仕上がりなどが違うので、無料カウンセリングを活用して相談してみましょう。

都度払い脱毛サロンランキング
ページの先頭へ戻る